読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服へのこだわり

洋服にこだわりってあるようなないようななのだけれど

(被服費は高めだけれど、こだわっているんじゃなくて単にダラダラ購入しているだけ)

いくつか買わないものがある。


一つ目、しまむら

しまむらが悪いんじゃない。

私が悪いだけ。

しまむらにはハイブランドにインスパイアされた商品が多い。

そういうのを持つのは私の主義に反するのだけれど、正直どれがインスパイアでどれがオリジナルなのかの区別が私にはつかない。

だから、しまむらは買えない。


色々な人のブログを見ていると、しまむらが好きな人はすごく楽しそうでいいなと思うんだけど。


もう一つはユニクロ

実は私はユニクロの商品をたくさん持っている。UNIQLOにしろ、GUにしろ、意外とクオリティが良かったり、素材が良かったりとするから、普段着にはもってこいだと思って、以前はよく購入していた。

主にネットで。



でもある時大型店へと行った。

その途端、私は買えなくなった。

あの果てしなく同じ色が、同じ形が続いていくことの恐怖。


まるで制服だと感じてしまった。


日本中の人とお揃いをしているのだと思ったら、買えなくなってしまった。


以来ユニクロでは購入していない。持っているものは大切に来ているしどれも使いやすくて重宝しているのに、どうしても買えない。


たまに、教室で全く同じ色、同じ形のセーターを着ている人を見かけたりする。

そんな時、私の頭にはあの日みた大型店での、光景が蘇る。


買いたいのに買えないってジレンマを抱えながら、私は最近はリミテッドエディションでシンプルな洋服を買うようになった。

UNIQLOより少し高価だけれどそれほどでもないし、人と同じだったことがない。


そのほかにも色々なブランドで物を買っているけれど、ベーシックアイテムは、やはりユニクロが強いなぁと心底思う。


でもユニクロは買えないので、私はリミテッドエディション。

リミテッドエディションは、まだネットでもあまりみんながこぞって購入しているイメージがないから安心して買える。

なんか矛盾しているよね。


(リミテッドエディションは、西武そごうのオリジナルブランド。靴などは2万円くらいと、けしてお手頃ではないし、カシミアのセーターもユニクロの倍はするけれど、質と合わせると極めて妥当な価格設定だと思う)